ケンペネEnglishの口コミやレビューを調べたら凄かったので晒す

「ケンペネEnglishの実態を知りたい!」

そんな声が多かったので、実際にやった人の口コミやレビューを調べてみました!

ケンペネEnglishは、巷でとても有名になっている英会話教材です。「飽き性の私でも続けられた!」「英語が嫌いな私でももうスラスラ言える!」などの言葉が、多数の口コミやレビューから見ることができます。

そこで思ったんですね。これらのコメントを分類すれば、ケンペネEnglishの信憑性が明らかにできるんじゃないかと。

そんなわけで、この記事でケンペネEnglishの特徴、それに対する口コミやレビューをご紹介していきます。本当に信頼できる英会話教材で勉強したいと考えている人は、ぜひ参考にしてください!

ケンペネEnglishの公式サイトへ

ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)の口コミ・レビューが凄い!【勉強形式編】

ケンペネEnglishの口コミ・レビューが凄い!【勉強形式編】

ケンペネEnglishという英会話教材には、いくつかの特徴があります。その特徴のひとつが【勉強形式】です。「どんな形で勉強していくのか」というものですが、実はこれに対して多数の口コミやレビューが寄せられているんですよ。ケンペネEnglishならではの魅力じゃないかなと思ったので、一番始めにご紹介していきます!

短い動画・短い期間

短い動画・短い期間

この英会話教材の【勉強形式】を一言で言えば、「短い動画」「短い期間」です。1回20分という短いレッスン動画を、2ヶ月間だけ毎日見れば英語がスラスラと話せるようになっています。英会話教室が1回60~90分の授業ながら6ヶ月以上通い続けないと話せるようにならない、と考えられているので、いかにケンペネEnglishが効率のいい教材であるかがわかるでしょう。

スマートフォンレッスン

スマートフォンレッスン

ケンペネEnglishでは、このレッスン動画をスマートフォンで視聴するようになっています。今は1人1台スマートフォンを持っているような時代ですから、現代にぴったりな教材と言えますね。

このスマートフォンで動画、という方法のいいところは抵抗感がないところです。スマートフォンを持っている人は毎日のように使っていて、スマートフォンがすでに生活の一部と化しているのがほとんどだと思います。

つまるところ、レッスンを受けるのに重たい腰を上げる必要がないんですね。「教室に行かなくちゃいけない」「机に向かわなくちゃいけない」というのがなく、面倒くさい気持ちになりにくいんです。

さまざまなライフスタイルに対応

さまざまなライフスタイルに対応

「短い動画を短期間、スマートフォンで見て勉強する」という【勉強形式】は、このようにいくつかのメリットがあります。その中でも最も大きなものが、さまざまなライフスタイルに対応している点です。仕事が忙しいサラリーマン、子育てをしている主婦、部活動に励んでいる学生など、なかなかレッスンの時間が持てない人でも負担なく取り組めるのがケンペネEnglishの魅力と言えますね。

口コミ・レビュー

それでは、この【勉強形式】がどのように評価されているのか、実際の口コミ・レビューをご紹介していきましょう!

「外出先でもOK」

毎日できるか心配だったんですが、1日の中で20分の空き時間って意外とあるんだなと思いました。あと教科書を持ち歩く必要がないのも私的にはかなりよかった。この前も、友達との待ち合わせ時間までカフェで勉強していましたよ。外出先で動画を見るときは、スマホの電池切れには要注意ですけどね笑。

「急な転勤にも対応できた」

急な転勤で英語が必要になり、どうしようかと思っていたんですが、ケンペネEnglishなら2ヶ月でマスターできると聞いたので。半信半疑でしたが、ちゃんと英語が話せるようになりましたよ。おかげで今の職場でも、先輩社員から一目置かれています。ケンペネEnglishさまさまですね。

「家事の合間にレッスンできる」

英会話教室に通う時間がないので、英語なんて話せないって思っていたんですね。でもケンペネEnglishなら、家事をしている合間にできちゃうのでよかったです。

ケンペネEnglishの公式サイトへ

ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)の口コミ・レビューが凄い!【メソッド編】

ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)の口コミ・レビューが凄い!【メソッド編】

ケンペネEnglishの特徴のひとつに、「短い動画を短期間、スマートフォンで見て勉強する」という【勉強形式】があります。でもどうしてそんな簡単な勉強方法で、英語がスラスラと話せるようになるのか疑問ですよね。

その謎は、ケンペネEnglishの【メソッド】を見れば解決することができます。ここでその詳細を、余すところなく明らかにしていきますよ!

ケンペネEnglishの【メソッド】

ケンペネEnglishの【メソッド】

ケンペネEnglishでは短期間でのスキルアップを実現するために、これまでの英語教材にはなかった【メソッド】を3つ採用しています。それは「カタカナ英語変換法」「音のブロック」「パズル英文」です。

【メソッド1】カタカナ英語変換法

カタカナ英語という名称を聞いた人は多いと思います。改めて説明すると、カタカナ英語は「レビュー」「コメント」「メソッド」など英単語をカタカナ読みした言葉ですね。私たちはこのカタカナ英語を2,000以上知っていると言われていて、ケンペネEnglishでは「これをネイティブが聞こえるように変換してしまえばいい」としているんです。

というのも、英会話ができるようになるためには700語前後あれば十分だから。つまり私たちは、これから新しく英会話のために単語を記憶する必要がないんです。ケンペネEnglishは英語の勉強で最も時間がかかると言われている単語の習得を、ごっそりと省いているので短期間レッスンが可能になっているんですね。

【メソッド2】音のブロック

もちろんカタカナ英語だけでは話せないのは周知の通り。そこで登場してくるのが、ケンペネEnglishの次のメソッド、「音のブロック」です。これはフォニックスを応用したもので、英語圏の子どもたちや外国人がスピーディーに発音を覚えられるように編み出された勉強法を活かしています。

フォニックスではまず、「A」から「Z」という26文字のアルファベットの発音(例えば「A」「ア」「B」「ブ」「C」「ク」)からトレーニング。そこから、各単語をそのアルファベットの発音を組み合わせながら読む練習をします(なお、このとき「母音の後ろに子音が続く場合は母音を短く発音」「単語の最後についている「e」は読まない」などのルールも覚えていきます)。この訓練を受ければ、それぞれの単語のスペルを見るだけで、ネイティブらしい発音を瞬時にできるようになるんです。

ケンペネEnglishではこれを応用し、多量に知っているカタカナ英語を、ネイティブの発音で言えるようにレッスンをしてくれるんですね。

【メソッド3】パズル英文

単語を発音するでは、もちろん英会話はできません。単語を並べて文章を作る力、さらにその文章を相手が理解しやすいように並べられる力が必要です。そこでケンペネEnglishは、日常英会話で9割以上使われるSVO(主語・述語・目的語)の活用法、チャンクトークや積み木トークといった並べ方のコツを教えてくれます。

と言っても何か特別なことをするわけではなく、どちらの方法も、与えられた単語や文章を適切な場所に当てはめていくだけ。パズルのように楽しみながらできるので、勉強が苦手な人でも、気がつけばスラスラと英文が出てくるようになります。

誰もができるメソッドの意味

誰もができるメソッドの意味

ケンペネEnglishでは、このように「カタカナ英語変換法」「音のブロック」「パズル英文」が要となっています。家にある食材を使って、おいしい料理を作るための方法を教えてくれる、と言うとイメージがしやすいかもしれませんね。そしてその食材は誰もが豊富に持っているので、料理の完成は決して難しくはありません。

より突っ込んで言えば、ケンペネEnglishが採用しているのは誰もが取り組める【メソッド】なんですね。英語の得手不得手に関係なく、平等に話せるようになるのがケンペネEnglishなんです。これまで別の英語教材を使っていて、「なんとなく難しい」「複雑で面倒くさい」と思って挫折した人でも、どうか安心してケンペネEnglishを受けてみてください。

20シチュエーションをマスター

追求されたスケジュール

またケンペネEnglishでは、レッスンスケジュールが追求されているのも特徴です。具体的には、「3日で1つのシチュエーションをマスター」「それを20回繰り返す」ように組まれています。各シーンをマスターするために配信されるのが、「カタカナ英語を掘り起こす動画」「パズル英文で応用力を磨く動画」「チャンクトークで英会話スキルを高める動画」です。

アウトプット重視とその理由

アウトプット重視の理由

今ご紹介した3種類の動画には、必ず発音練習させる時間が入っています。このアウトプット重視の姿勢は見逃せないポイント。なぜなら勉強においてはインプットとアウトプットの両方が大事ですが、特に英語の場合は相手とのコミュニケーションツールであり、相手に伝えて初めて役立つものだからです。

またそれとは別に、日本人がインプットに力を入れがち、という理由もあります。日本人は英語の勉強と言うと、新しい単語を暗記したり、文法を覚えたりすることをどうしてもイメージする癖があるでしょう。加えて、話せないことがわかると「まだ足りないんだ」と思って、さらにインプットしようとします。

でも先生のアドバイスを聞いたり、教科書を読んだりするだけでは不十分なのはわかりますよね。うまく歌が上手になるためには、何度も歌うのが一番なのと同じです。

口コミ・レビュー

では、この【メソッド】に関する口コミやレビューを見ていきましょう。【勉強形式】と同じく、肯定的な意見がほとんどでした。

「単語を覚えなくていいのが決め手だった」

英語の授業が嫌いだったんですが、その理由が単語を覚えなくちゃいけないことでした。あんなにつまらないことがほかにあるのだろうか、っていうくらいに思っていましたよ。ケンペネEnglishを選んだのは、それがないのが決め手ですね。覚えなくても英語が話せるんだ、って思ったらそれだけで気が楽でした。実際レッスンで使われる単語もほとんど聞いたものばかりだったので、難しいって思うことはありませんでしたよ。

「ネイティブも納得する発音ができた」

フォニックスの練習方法は最初びっくりしましたが、そこまで大変ではなかったです。逆に丁寧に教えてくれるのですぐに慣れましたし、知っている言葉をネイティブのように発音できるのが快感で楽しめました笑。こういう英語教材をやっていて楽しいなって思えるのは、ケンペネEnglishがもしかしたら初めてかもしれません。ネイティブにも、発音きれいですねって言ってもらえて嬉しかったです。

「知らない言葉がなくなった」

ケンペネEnglishが教えてくれるフォニックスのおかげで、知らない言葉の抵抗感がなくなりました。アルファベットの読み方やルールを覚えたことで、いろいろな言葉の発音の仕方がわかるようになったからだと思います。

「発音の練習期間がしっかりあって良い」

発音の練習期間がしっかり設けられていて良い。自主練習ができない人間なので、授業の中でエスコートしてくれると助かる。そのおかげで、まだ始めて約1ヶ月しか経っていないが、英語ができそうな実感が湧いている。これからも続けたい。

ケンペネEnglishの公式サイトへ

ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)の口コミ・レビューが凄い!【勉強方針編】

ケンペネEnglishの口コミ・レビューが凄い!【勉強方針編】

3番目は、ケンペネEnglishの【勉強方針】に関するご紹介です。2ヶ月間の勉強で英語がスラスラになる、まるで魔法のような英会話教材ケンペネEnglish。これまで【勉強形式】【メソッド】と見てきて、それが嘘ではないとわかりましたが、実はこれらはさまざまな学問や理論によって支えられています。

ここではそれが何か説明した上で、ケンペネEnglishならではの【勉強方針】について詳しく解説しますね!

ケンペネEnglishを支える学問と理論

ケンペネEnglishを支える学問と理論

ケンペネEnglishで採用されている学問は、脳運動言語学や対人心理学、行動心理学、脳神経科学などです。一方理論には、世界最新の速学理論、20時間理論、育脳食餌理論、睡眠記憶理論、ゲーム理論、モチベーション理論などがあります。さらに呼吸学習法、催眠言語記憶法といった方法も採用されています。

ただこれらはほんの一部にしか過ぎません。とにかくここではケンペネEnglishでは勉強の効率を上げるために、長年の研究に基づいて構築された考えに基づいている、ということがわかってもらえたらと思います。

表面上はシンプルに

表面上はシンプルに

さて、こうした多くの学問や理論が取り入れられているケンペネEnglishですが、しかし表面上はそうした複雑さがほとんどありません。【勉強形式】にしても【メソッド】にしても、実にわかりやすくシンプルですよね。

公式では謳っていないのですが、おそらくあえてそうしているんだと思います。というのも、あまりに【勉強形式】【メソッド】が複雑だとついていけない人がいるからです。勉強の仕方や方法はできる限り単純に、でも一番効率のいい勉強法、というのがケンペネEnglishという英会話教材の特筆すべき点でしょう。

馴染みのある勉強形態

馴染みのある勉強形態

ケンペネEnglishのこうしたシンプルさは、スケジュールにもよく現れていますね。【メソッド編】でも見てきたように、各シチュエーションに応じて、まずは必要な知識を習得。その上で、学んだことを実践で使えるようにトレーニングをするという流れとなっています。

これはインプットを中心とする日本の教育によく似ているので、ある意味で日本人に最も馴染みのある学習形態と言えるんです。多くの人が英語がスラスラと話せるようになる裏には、ケンペネEnglishのこうした取り組みやすさがあると考えられますね。

口コミ・レビュー

では、このようなシンプルかつ取り組みやすさを重視する【勉強方針】に対して、みなさんがどのように感じているのか口コミやレビューから確認していきましょう。

「忘れっぽくても大丈夫」

ケンペネEnglishはこれまでの英会話教材と違って、面倒なことをしなくていいですよね。覚えなければいけないことも少ないので、私のように忘れっぽい人間でも上達できました。

「無駄のないトレーニング方法が良い」

教えてくれることがそのまま英会話スキルに繋がるんですよ。覚えれば覚えた分だけ、練習したら練習した分だけスキルアップを実感できるというか。無駄のないトレーニング方法が良いです。これが本当は教材のあるべき姿なんですけどね笑。

ケンペネEnglishの公式サイトへ

ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)の口コミ・レビューが凄い!【講師編】

ケンペネEnglishの口コミ・レビューが凄い!【講師編】

ケンペネEnglishは【勉強形式】【メソッド】の根幹となっている【勉強方針】の部分でも高く評価されています。こうした部分はある種珍しいと言えるかもしれません。

さらに印象的だったのは、口コミやレビューの中でケンペネEnglishの【講師】についても話題になっていることでした。ここで講師の正体などについて解説しつつ、利用者の声を紹介していきます!

ケンペネール・しずこについて

英会話教材ケンペネEnglishは、ケンペネール・しずこという人によって制作されました。彼女は、元米国大統領や数多くの著名人の同時通訳を務めていて、英語業界では知る人ぞ知る人です。

さらに驚くのはその経歴。彼女は51歳になってから同時通訳になろうと決意をし、そこから1年間の勉強を経て同時通訳としてデビューします。その英語力は驚くほど優秀で、TOEICの勉強を一切することなく925点を獲得するほどです。現在はさまざまなイベントの同時通訳を行う傍ら、同時通訳者の育成にも関わっています。

複数人の講師が全面フォロー

複数人の講師が全面フォロー

ケンペネEnglishでは、こうした優れた英語力を持つケンペネール・しずこを始め、英語教育に長けた講師が多数在籍しています。そこで具体的に行っているのは、ケンペネEnglishの授業を受けた人の発音のフィードバックです。受講者ひとりひとりに合わせて、よかったところや改善点など的確なアドバイスを逐一してくれるんですね。

それと合わせて、ケンペネEnglishでは英会話教室のように対面でのセミナーも開催しています。これまでの英会話教材の中にもオンラインによる指導はありました。でも、こうして面と向かって教えてくれるものはそう多くはなかったので、「英語業界には一切なかった教材」と公式が謳っているのも納得ですね。

ひとり学習の限界

ひとり学習の限界

こうした講師の全面的なフォローは、こういう英会話教材では意外と重要なんですね。それと言うのも、ひとりでの学習には限界があるからです。

英会話教材を使った人の中には、それなりに勉強のやる気もあって実感もあった、レッスンの時間もあった、にも関わらずモチベーションが続かずにやめてしまった、という人もいるでしょう。その原因は、切磋琢磨する人や共通の話題を共有できる人がいなかったことにあります。

よくライバルがいる、仲間がいることで成長すると言いますが、それが叶うのも誰かがいることで頑張れるようなモチベーションが続くからですね。それは英語学習でも同じなんです。

いくらケンペネEnglishの【勉強形式】【メソッド】が魅力的でも、誰かがいないと脱落してしまう人は一定数います。だからケンペネEnglishでは、【講師】がこうしてフォローをする体制を整備しているんです。逆に考えれば【講師】が積極的に関わっている時点で、間違いなくスキルアップする英会話教材と言うこともできますね。

口コミ・レビュー

【講師】に関する口コミやレビューを見ていきましょう。以下を読むとわかりますが、やはり先生のおかげで話せるようになった、という人が多数いるようですね。

「プロの目があって安心」

先生が常に発音のチェックをしてくれたので、どんどん発音が上手くなる実感があった。自分ひとりだとネイティブに伝わるのか不安になるが、プロの目があると安心できる。

「誠実さが伝わるコメントに感動」

英語が苦手だったので、先生が自分の発音に対してどんなふうにコメントしてくるのか怖さがありました。でも褒めてくれるところはしっかり褒めてくれるんですね。それから改善したほうがいいところも、なぜ改善したほうがいいのか、どう改善したほうがいいのかも交えながら指摘してくれました。誠実さを感じられるコメントで、本当に感動したのを今でも覚えています。

「対面セミナーが良い目標になった」

対面による実践会は2ヶ月に一回と、やや物足りない気が最初はしましたが、その頻度くらいがちょうどいいのかもしれないですね。常に先生が見ているとなると緊張したり、プレッシャーを感じたりしてしまう人もいると思いますから。私の場合は逆にそのセミナーまでの間に発音力を磨こう、っていう感じでいい目標設定になってくれましたよ。トータルで考えると、英会話教室よりずっとコスパがいいかもしれません。

ケンペネEnglishの公式サイトへ

【予備知識1】ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)を習うときの心得

【予備知識1】ケンペネEnglishを習うときの心得

ケンペネEnglishでは、以上のように口コミやレビューで絶賛されていることがわかりましたね。これらを見たことで、十分にケンペネEnglishの実力についてわかってもらえたと思います。「ケンペネEnglishなら英語のスキルが上がるかも…!」と感じたのであれば、ぜひ申し込んでみてください。

というのも、そのポジティブな気持ちがケンペネEnglishの効果をさらに高めることになるからです。せっかくなのでここでその理由をお話していきます!

ポジティブな考えを持つこと

ポジティブな考えを持つこと

ケンペネEnglishは、もともと持っている英語スキルの高さに関係なく、いろんな人が話せるように考えられた英会話教材です。ですがそれでも、時として伸び悩んでしまうことがあります。それはケンペネEnglishに対して、常に疑いの気持ちを持っている場合です。

想像してみてください。「ケンペネEnglishをやったからって絶対に私は話せない」「ケンペネEnglishなんて詐欺に決まっている」。そう思っている人はまずケンペネEnglishを始めることはないと思いますが、仮に始めたとして英会話ができるようになるでしょうか。

少なくとも頑張ろうと思っている人と比べたら、絶対にステップアップするスピードは遅いですよね。100%教材の力を信じる必要はありませんが、できる限り前向きな気持ちを持っているほうが良いのは間違いありません。私が「ケンペネEnglishならできるかも!」という思った人におすすめするのは、すでにケンペネEnglishで英会話ができるようになる道が開けているからです。

英会話ができる自分をイメージする

英会話ができる自分をイメージする

でもできる限りポジティブシンキングで、と言われても漠然としすぎてピンと来ない人もいるかもしれません。そういう人は、ケンペネEnglishで英会話ができるようになったら何をしたいのかを考えるのがいいでしょう。

「ひとりで海外旅行がしたい」「仕事で評価されたい」「日本に住むネイティブに役立つことがしたい」「アメリカ人と友達になりたい」「みんなに格好良いと思われたい」…。どんなことでも構わないので、英会話ができる自分をイメージしてみてください。

ケンペネEnglishはあくまでツール

ケンペネEnglishはあくまでツール

自分のイメージを膨らませると、ケンペネEnglishで頑張ろうという気持ちが自ずと湧いてきます。それはこの英会話教材への前向きな気持ちに他なりません。無理なくポジティブな考え方が持てるので、どうしたらいいのかわからないという人はぜひ試してみてくださいね。

またこうしたイメージ作りは、もし万が一レッスンで躓いたときにも乗り越える力になります。ケンペネEnglishはあくまで英会話を身につけるためのツールです。車の免許も車を使っていろんな場所に行ったり、ドライブを楽しんだりするために取りますよね。ケンペネEnglishのレッスンで言われたことをただこなしたり、ケンペネEnglishの講師に褒められるためだけに頑張ったりすることのないよう、目標を抱くことを心がけましょう。

一歩ずつ進むという心がけも重要

一歩ずつ進むという心がけも重要

それから自分はケンペネEnglishでこうしたい、と思うと同時に一歩ずつ進む、という心持ちも重要です。ケンペネEnglishの動画はわかりやすい作りになっていますが、どうしても苦手な分野が出てくればうまく飲み込めないこともあります。

このとき大事なのは、苦手なままやわからないままにしておかないことです。あとで余裕のあるときに見返すなどの時間を作り、それも難しければ翌日にもう一度見る。自分の中でしっかり消化した上で次の動画を見るようにするためにも、自分のペースを守りながら勉強に取り組む、という考えが大切になってくるんです。

ケンペネEnglishの公式サイトへ

【予備知識2】英語を習うことのメリット

【予備知識2】英語を習うことのメリット

最後に英語を習うことのメリットについて、少しお話したいと思います。それと言うのも、人によってケンペネEnglishを勉強していて大変だなと感じたときに、「英語って本当に必要なのかな…?」という疑問を思ってしまうこともあるからです。あらかじめ英語を習うことの重要性を知っておけば、モチベーションを落とさず英語勉強に励めますからね。なので頭のどこかにでも知識として留めておいてください!

共通言語を習う意味

共通言語を習う意味

英語は、今や世界の共通言語として英語圏の国々以外でも広く使われています。アジアでも第二言語を英語としている国は多いですし、実際母国語と同じくらい話せる人も数多くいるのが現実です。この英語を習うことの意味は大きく次の3つがあります。

さまざまな国で役立つ

さまざまな国で役立つ

1つはやはり、海外旅行をしたときに便利です。アジアの他の国々に行ったときにも、英語が使えればある程度のコミュニケーションを取ることができます。国によって通じる通じないの度合いは違いますが、少なくとも日本語よりは通じやすいので不便さを感じるケースは少なくなるでしょう。

人との繋がりが増える

人との繋がりが増える

共通言語を理解していれば、海外の人と直接コミュニケーションできる機会が格段に増えます。会話は相手に自分の意思を伝え、相手の考えを理解することなので、言語が通じないときよりもその人と親密になれることは確かです。そこで相手の信頼を獲得すれば、友人関係になることもあるでしょう。

人に感謝される

人に感謝される

海外旅行で日本語を話せる人に出会えるとほっとしますよね。それは海外からやってきた人も同じで、右も左もわからない中で、英語をスラスラと話せる人がいればとても安心するものです。英語を身につけておけば、そうした人たちの役に立ち、感謝される喜びを味わえます。

東京オリンピックの影響で海外から日本にやってくる人も増えてきているので、日本に在住する外国人も少なからず多くなるでしょう。そんなとき、英語が話せるあなたはとても頼りになりますよ。交流が深まれば、お礼にその方の母国を案内してもらえることもあるかもしれません。

ケンペネEnglishの公式サイトへ

最後に

最後に

ケンペネEnglishの実態を知るため、数多くの口コミやレビューを見てきましたが驚きの結果となりました。ですが、これも必然の結果なんだと思います。それくらいケンペネEnglishは、細部に渡るまで作り込まれている英会話教材だからです。

その片鱗は、やはりレッスンのメインである動画で感じることができます。ですのでぜひ申し込みの手続きをして、動画をその目で確かめてみてほしいと思いますよ。そうすればますます「自分が英語を話すビジョン」が明確になってくるでしょう。

この記事の中でもお伝えしましたが、ケンペネEnglishで英語が話せるかもしれない、と思ったのであればそれが始め時ですからね。

ケンペネEnglishの公式サイトへ